ブランド形成

今の時代の戦略は、攻めまくる営業ではなく、選んでもらう仕掛け作りが大切です。

今の時代は特に、B2B取引業者や取引先の入替えが検討されることが多くなってきています。では、どうすれば向こうからのアプローチをもらう事ができるのでしょうか?

そもそもブランドとは、他の製品やサービスとの差別性を意味します。

従って、差別要素を明確に打ち出すことが重要です。

また、顧客に選んでもらう為に様々な角度から戦略を考えなければならないと考えます。

顧客の興味を引く方法には、より良い未来を働きかける「チャンス喚起型アプローチ」とこのまま放置した場合の危機を語りかける「リスク喚起型」の2つがありますが、このどちらかを強く打ち出すのがブランド戦略の基本です。また、顧客と長期に渡ってエンゲージメントを構築できるよう考える事も大切です。HOPでは大手企業が考えるブランド戦略とは一線を画す中小企業でも戦える戦略をご提案致します。

 

事例

ブランド戦略はチャンスけ喚起型とリスク型に分類される
ブランド戦略