税務・会計コンサルテーション

企業における取引がグローバル化・高度化する昨今では、税務会計についても益々複雑化・専門化する傾向にあります。

法人税においては、「組織再編税制」「海外子会社に対する税務」「設備投資に対する減税措置」「賃上げ投資に対する減税」など。

消費税においては「軽減税率対応」「設備投資における仕入税額控除」など。

また、後継者への事業承継問題においては、「特例事業承継税制の活用」など、複雑化する税務会計に対して、中堅・中小企業においても、正しい判断と的確な対応を行い、事前に税務リスクを軽減していくことの重要性が増してきております。

一方で中堅・中小企業においては、会社内に税務会計の専門者を雇用することは難しく、税務調査での指摘により、予期しない税額の追徴を受けることも多くなってきております。

HOPでは、中堅・中小企業が抱える、このような税務会計の課題に対し、提携税理士法人等と連携し、いち早く税務情報の提供と、個別コンサルティングを通じて、お客様の税務リスクの軽減を図ってまいります。

・税制改正セミナーの開催

・特例事業承継税制活用セミナーの開催

・相続税対策セミナーの開催

・消費税改正セミナーの開催

・海外子会社に関する税務セミナーの開催